2007年05月20日

未来

久々に日本未来リーグのミーティングに出席してきた。

考えさせられる時間だった。

昔、(未来リーグに出会う前)

私は、日本の政治に何も期待をしていなかった。

ただ、ハッピー色が好きなので、

自分と自分と出会って共感する仲間と、小さな理想のハッピー色の空間を創るのが、目標だった。

単純で誰でも真似しやすい仕組みであれば、きっと広がって、ハッピー色の空間が広がって行くだろうと思っていた。

ここまで日本の政治に完璧に信頼していない人間は珍しいというほど、完全にあきらめていた人間が、未来リーグと出会って、

もしかしたら…。と望みを抱くようになった。

未来リーグのメンバーは、かなりバランス感覚のよい人間が多くて、

心が心地良かった。
いわゆる、大衆を騙す手段を使って、思い通りにしていく形を敢えて選ばない人たちで、

本当に私の目指す生き方と方向が似ていて、期待は膨らんでいった。

でも現実は、


戦後六十年以上積み重ねられた、全国津々浦々まで、固くガッチリと組み込まれた、固いしがらみ、絡んだ毛糸玉のような、にっちもさっちもいかない日本という社会が、立ちはだかっている。

『プロポーズ大作戦』というドラマで、
思い出の写真の前後の時間だけ、過去に戻って素直にやり直しをするんだけど、
その場面の前後の他は過去の素直じゃない自分が、生活をしているので、なかなか、現在が変わらないことが表現されているんだけど、

それと似ているなあと思った。

未来リーグのメンバーの話を聞きながら、やっぱりあきらめよっかな。という気持ちがよぎった。

前のように小さな空間だけ目指そっかな?

でも、その中で負けずに、立候補しようとしているメンバー達。

やっぱり、小さな努力を続けていこう。

そんな風に思ったひとときでした。

本物の正直なまっすぐな日本、一緒に創りましょうね。
posted by ひいらぎ at 18:13| Comment(47) | TrackBack(6) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

加とう正法(まさのり)さん

3月10日

加藤正法さんとのコラボレーションで、
街宣とえき前『民塾』に参加するために神奈川の鶴見駅に行った。

加藤まさのりさん(正法と書く)は次の選挙で衆議院議員に立候補されるという方です。

ホームページは、まだないようなので、検索ページをリンクしますね。

http://search.yahoo.co.jp/search?fr=slv1-adbe&p=%b2%c3%a4%c8%a4%a6%c0%b5%cb%a1


加藤さんは、

外見と言い、声と言い、

いかにもすでに政治家です。

私のような反体制が少し入ったひねくれ者には、ちょっと引いちゃうタイプです。

でも、人は印象を裏切るよい人間性を見せてもらうと、好感度は倍増するわけです。

加藤さんは、この国をよくするために、政治家を志し、

そのために就職も選び、勉強もして、政治家の世界に飛び込み、空気やその世界のルールを学び進んできた人です。

あの政治家べたな雰囲気はそれらの勉強のたまものでしょう。

だけど、加藤まさのりさんは、その中にのめり込んではいないのです。

多角的な目からバランスよくモノを見るために、いろんな経験に飛び込んだようです。

金融・経済を理解しなければ、この国を豊かに幸せにする政治家にはなれないという信念のもと、その方面の能力を磨いているようです。

こんなに長期の視点でこの国をよくするために努力し続けた人はいないんじゃないかと思います。

加藤まさのりさんはだいたい毎月一回、鶴見駅の鶴見公会堂で、えき前『民塾』を開いています。

方針は自由です。

そして、人を非難・批判しないこと

一回の発言は1〜2分以内で要点を伝えることです。(この方針は私の生きる方針と同じなんで、この言葉を全面に出される加藤まさのりを信頼します)

そして今回、『民塾』に参加して、

とても包容力のある、よいそして辛口の意見も出るし、 ものすごくよい試みだなあと思いました。
そして加藤まさのりさんのコーディネーター役が、なんと難しい仕事だろうと思って、よい仕事をされていたので、加藤さんはすごい人だなあと思いました。

いつか、加藤まさのりさんが衆議院議員になられたら、

政治にまったく興味のなかった私に、

ため口で話せる議員さんができるんだ。

すごいことだなあ。
父に自慢すること、許してね。
posted by ひいらぎ at 12:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

行き詰まったら

昨日、鶴見の加藤まさのりさんとのタイアップの街宣活動と「民」塾に参加してきた。

最近の私、かたちのない内面だけが、豊かにどんどん膨らんでいっているイメージなんだけど、

そのスピードに現実の世界におろす作業がついていってなくて、多分混乱状況にいるんだけど、今までとは違うのは、

今までだったら、その状態の自分が許せなくて、苦しんでたけど、

今は、そういうことはなく、ただすべてをそのまま受け入れて、

なすがままであること。

かたちにはならないけと、私の中では、
何を目指すのかはっきりしてきた。多分。

おととい、新聞の感想ブログに、もうめちゃくちゃ自信のある記事を書いて送信(登録)したんだけど、

消えた!

あのトランス状態で書いたような記事は、多分しばらくは書けないだろうな。

ただ、日本でも、日本の進むべき道は見え始めてきていることを、最近の新聞記事やいろんな媒体の記事から、はっきり感じるようになったよ。

日本未来リーグのメンバーとお付き合いする中で、はっきり感じるようになったことは、

私が言っている言葉は、彼らが言わせている言葉で、

みんながものすごく影響しあって、

どうも私は受け取って、言葉に表す才能があるようで、

日本未来リーグの共創の中で、私の言葉が創られているんだということ。

一人じゃないんだということ。(うまく伝わるかな?)

だから、メンバーのみなさん、

みんなを信頼して、

もしあなたが行き詰まったとき、

焦らないで、とりあえず足りないところは、まわりに任せて、

自分にとことん甘くなってみてくださいね。

自分にとことん甘くなることは、

いくら若い世代であっても、日本人には苦手なことで、

難しいんですよ。

そこに日本のいく道のヒントがあることは確かですからね。

甘やかす勇気ありますか?

自分を批判している自分自身に気づけますか?

これもものすごく難しいし、そこを探り出すと、

現実の生活している世界が混乱して、

スランプに陥ること間違いなし。

それを受け入れる勇気、持てますか。

現実の生活も大切だからね。
ゆっくり、自分を甘やかしてみてくださいね。
posted by ひいらぎ at 07:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

小林義人(よしと)さん

まだネットで書いてもいいんですよね。

東京都中野区の区議会議員に立候補する予定。

まずは、お写真を。

http://nml.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_7b9b.html


小林さんは、すごくすごく頭がいいのです。

判断力もあって決断するのが速くて、

私が一新塾で出会って、一番最初に、

心から「すご〜い」と思った方です。


私は、かなり感動人間なんで、

軽い「すご〜い」はしょっちゅうで、信頼できないかもしれないけど、

「すご〜い」の深さが、心から感動ものだったのです。
(でも私の人をみる目は、甘くはないですよ)

小林さんは、男気のある男性です。
そういう人は、情が深くて、あったかい人で、

だから、地元の「中野区」を心から愛していて、
もっとよくしたい。
もっと活性化したい。
そのお手伝いを自らしたい。
(ライフワークとして、すでに街づくりにはかなり関わっていらっしゃるみたいです。)

という情熱が、伝わってくるんです。

だから、こういう人に、政治に関わって欲しいなと心から思います。

日本未来リーグの、今年のテーマの一つに、
「政治の垣根を低く、おもしろくかっこよくする」

があります。

選挙で戦うことは、非情で大変なことではあると思います。
その大変さは重々承知の上で、

どうか、「政治の垣根を低く、おもしろくかっこよくする」

をこの選挙で、体現してみてくださいね。

ま、その「面白くてかっこいい」ネクタイをつけさせてくれる
発想豊かな応援団がついているんですもの。

いわずもがなですよね。

笑って笑って、楽しんで、希望を作り出してくださいね。

東京は、全国で唯一、

「若い世代が選挙に行って、投票をしたら」

「政治を新しい感覚で納得できるような姿に変えること」ができるかもしれない
可能性がいっぱいの町なんですよね。

若い人の人口が多い。何歳を若いとするかは、まあまあです。

60歳だって、心が若いと自分が思えば若者です。

どうか、日本をよくしたい。
納得できる日本になって欲しいなあ。と少しでも思う方。

どうか、投票所に出かけていって、

投票してくださいね。




posted by ひいらぎ at 18:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

支援と援助2

ある日本人の素敵なキリスト教者が(申し訳ないことにお名前を失念してしまった)

「神とは上から君臨するものではなく、下からそっと支えるもの」とおっしゃっていて、私は感動してしまったことがあります。

キリスト教にもいろんな考えがあるようで、この方はパウロ様の教えの流れのようでした。

日本の神道の文化に一番ピタッとくるのはこのパウロ様の教えじゃないかと感じました。

援助がイメージが悪いとしたら、何がいいのかと考えました。

「支援」下からそっと支えて、ここまで落ちることがあったら必ず助けるから、安心して、頑張れ!
冒険しろ!

そんなイメージ?

悪かないけど、多様化して進化をしてしまった現代では、一人の人間の力で、手に入れられることが小さくなっている現実があります。

選択するにも、選択肢がありすぎて、迷う時間に時間をとられて、混乱して迷子になってしまうことが多くなって…。

評価する方も、本当は訳がわからなくなっているけど、それでは面子や沽券や威厳が保てないので、

かつての価値観に固執して、それに合わないものは排除することで、かつての価値観の正当性を守ろうとする。

これが現代の縮図かもしれません。


「支援」ではあまりにも受動的過ぎて、待つ姿勢過ぎて、現代に求められている公共のサービスとしては、消極的過ぎるのかもしれない。

待っているというのはていのよい言い訳で、かといって実績は作らなければならないので、サービスを受け取る人を作らなければならない。

サービスを受け取る人は特権になり、それを目指すことが目的の人々が作り出されていく(しかしそれを目的とする人は卑屈を得てしまい、幸せにはなれない)

援助というと、もっと能動的。

時代の流れを読み、
求められる資質を読み、一人一人の現状を見抜き、テーラーメードの自立と喜びを得る援助をする。

私の中のイメージはこんな感じです。

よろしくね。
posted by ひいらぎ at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

支援と援助

日本未来リーグのメンバーの一人と国家観について、少しメールで話した。

彼の国家観は素晴らしくて、

そういう人が本気で政治家になってくださったら、日本はもっとよい方向に軌道修正するのだろうなと感じました。

たまたまその前後、

「援助」というイメージが、私の中に浮かんでいたので、その浮かんだままの通りに伝えた。

「援助」というと、今時はあまりよいイメージを与えないらしい。

私は世間ずれしている、どちらかというと天然みたいだし、
昔保育士として、

保育用語には「援助」という言葉を多用していたので、私の中には「援助」に全く悪いイメージはない。

応援してやる気を鼓舞し、相手が自分自身でやれるように、そのぎりぎりのバランスのよい位置まで、助ける。


私の中の「援助」はそんなイメージです。

今の政治には、国民は投票の頭数以外には、別にどうでもいい。そんな感じが透けてしまって、

私の周りには、自分が国から大切な一人の人間として大事にされていると感じている人はいない。

それって不可能なことなの?

というのが私の中の疑問で、

私自身は仕組みを工夫すればできるはずって思ってて。

それが、目標やビジョンの中に言葉として入ると、

方法としてつながるんじゃないかと浮かんだような気がします。

うまく表現できないけど、横に並んだ言葉に縦の深さの何かが加わって、横に並んだものがつながって、現実に近づく?

訳わかんないですよね。

まあ感覚で微妙に受け取ってくださいね。

いい国は、きっと創れる!

信じましょう!
posted by ひいらぎ at 23:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

意志を持ったプラスの場

最近の私、

(考えてみたら、毎年毎年やる事を増やしていて、パニック状態を作って、それでも増やしつづけているような気が。やりたいように生きるって決めてるからね)

超バカ。

三歩歩いたら、全部忘れちゃうって息子に自慢してたりする。ますますバカ。

だから、あの素敵な会議をちゃんとご紹介できなくて残念。

仕方がないので断片的なメモから紹介。

日本未来リーグのメンバーは、

「政治の敷居を低くする」を本気で探ってます。
それも、一般生活者にとっての本当の敷居を低くするには?を。

政治が活動が楽しくなるには?もね。

だから、日本未来リーグを

「意志を持ったプラスの場」としたいと思っている意思があります。

代表の言葉をちょっと引用すると、

「これまでの政治には、自己満足と修行というイメージがあった」

うーん、さすが新しい時代の人間。

時代言語があるんですよ。

これは仕方がないことで、時代はいつも進化していて、
新しい時代に育つ若者は、いつも新しい時代言語を身体で学んでいくんです。

戦いじゃなくて、(私は若者は年配者を守るために存在すると思っているし、子供は母親を守りに生まれてきていると思っているのです。だから頑張らない母親です)若者を信頼して冒険もさせて欲しい。私はさせて上げられる人間になりたい。

「今の若者は」という嘆きは、
新しい時代言語を、取り入れることができにくい世代の、見えないものへの恐怖だと思ってます。

話はずれましたが、とにかく、本来政治は「自己満足や修行」と特別視をするものではなく、

楽しさを付加できるもの。

そういう心からの信念があるようでした。

代表の言葉を、彼の心の信念のまま伝える能力がないことがもどかしいけれど、

多分、大勢の若者の心にある言葉と同じなんだと思います。

日本は、(あるいは世界中は)新しい進化を遂げようとしているのだと思います。

うまくいえないけど、過去の日本の行動規範にある「自己満足と修行」的部分を、昇華する何か。

過去をバカにするのではなく、ようやく、そこまで日本の成熟度が高まって、次のステージに行く準備ができた、そんな感じ。

それで、若者が立ち上がりつつあるに日本未来リーグも、セカンドステージを目指し始めるようです。多分。

がんばってね。

代表の言葉で私が感動した言葉を断片的にメモをしました。
この言葉から、代表の素敵さを想像してくださいね。

そしていつか本人の口から直接聞いてください。

「ゆりかご的発想」
「気付きを得て」

私はこの言葉からものすごく多くのことを受け取りました。





posted by ひいらぎ at 23:01| Comment(1) | TrackBack(1) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NMLとは

日本未来リーグの会議に出席して、感動して、

久々に、日本未来リーグの公式HPを開いてみた。

(こんなに応援しているメンバー自身が見ることのないホームページというか、
多分みんな、仕事と家庭と活動と、って活動、行動に目いっぱいで余裕がないというのが現実だと思う。30代、40代って、本当に忙しい。毎年毎年ますます忙しくなっていく…)

http://nml.cms.drecom.jp/basis

http://nml.cms.drecom.jp/seijika-kihan

http://nml.cms.drecom.jp/knowledge

って、どうよ。

私としては、おそらく一年以上心を込めて読むことのなかった日本未来リーグの基軸となる方針や考え。

一年以上も経っても、何も色あせることなく、

あーこんな素敵な基本方針を皆さんが考えてくださったんだなあと感動を新たにする。

会議で何で感動したかというと、メンバーの方々が、この言葉を基軸にしたままそれぞれの活動の中で、その基軸を自分の軸にして成長している姿を感じる事ができたこと。

どっしりとした基軸があると、人は安心して、外に冒険に行ける。
そして、安心して戻ってくる事ができる。

そんなことを改めて、本当にびっくりするような感じで感じ入った会議でした。

20代から30代の人ってものすごく成長するわけだから、

そういう方々を見続けられるって、幸せかも。

こんなそこにいる安心みたいなどっしりした基本方針を創れたリーグ。

だからこそ、このわがままひいらぎが、離れていかないのですよきっと。
(私は自慢じゃないけど福の神だからね)なんちゃって。
posted by ひいらぎ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またまた立ち上げ

この間、日本未来リーグのセカンドステージに移行するであろう、
変化のきっかけのような会議に出席させていただきました。

なんだか、感動しました。

確かに私は、感動屋さんで、すぐに感動しやすいけど、
だけど、それでも時系列でかなり厳しい目でも見続ける人間でもあります。

皆さんそれぞれ自分の目指す行動に忙しい。

だから時間が足りない、マンパワーが足りない。

そんな中で、このリーグに期待する心も見えました。
可能性を探りながら、いい国を創るための“場”を積み重ねていく、
たくさんの活動のホッとする整理整とんの場?

なんだかよくわからないけど、いつもよいエネルギーをいただきます。

ますます、期待と感謝とよい予感が出てきたから、
日本未来リーグ観察ブログを立ち上げる事にしました。

ことしの私はゆっくり、のんびり…。やれることをやるです。
posted by ひいらぎ at 17:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。